Thai massage人

タイマッサージいろいろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

AHJAHN PICHEST(ピシェット)のスタイルを元に、
無駄な力を使わず、自分や受け手の身体・体重を
効率よく使い、効果的なThai Massageを追求している。

「より楽に、より効果的に・・・」
20061007135458.jpg

スポンサーサイト

PageTop

「楽」

 自分はタイマッサージをする上で
常に「楽」ということを心がけている。
  
 でも決して「手を抜く」という意味ではない。

 タイマッサージにはあまり力が必要でなく、
体重を使って圧したり・ストレッチをする技法なので
 
 もし身体に力が入ると、体重が上手く使えずに
腕などの力で圧すことになってしまう。
         ↓
 力で圧すと、震えたり表面だけが痛い感じになってしまう。
         ↓ 
 受ける側に良くないし、施術側も力が入った分だけ疲れる。

 身体がきつい人が、きつい人にマッサージするって
どう考えたって良い結果はでないと思う。
 だから、
受ける側はもちろん、施術側もリラックスした状態で
体重を有効に利用し「楽」に施術する事が大事。


無理のない姿勢・最適なポジション
身体のドコの部位を使うか
受ける側の最適な姿勢などを、日々考える20061004171201.jpg

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。